首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】

関東エリアで人気のハウスメーカー「三栄建築設計」を大調査

【番外】3階建て住宅

ここでは、三栄建築設計がてがけた3階建て物件を一部お届けしたいと思います。

英国紳士

英国紳士

まさにその名を連想させる紳士的な大人の男性を思い起こさせる佇まいに仕上がっている物件です。
白と黒で統一された外観の中にも、ラインをつくることでメリハリがついており、これによりロウズの街並みを表しているそうです。

内装は、外観と同様のシックなイメージながらも、木のぬくもりを感じさせ、明るさのある室内となっています。
3階建てなので広さも十分ですし、タテに高いことで、より英国紳士の雰囲気を感じさせます。

鳳凰堂

鳳凰堂

なんとこの家、平等院鳳凰堂をイメージして作られたそうです。一目見れば、それも納得できる美しさ。
世界遺産である平等院鳳凰堂のように繊細な造りに惚れ惚れしてしまいます。住宅というよりアートと言った方良いかもしれません。

内装もこだわりのある造りとなっており、使いやすい洋風さもありながら、平等院の雰囲気も感じられ、さらに和の要素も含んだ空間に仕上がっています。
他ではなかなか出会えないデザインですので、一歩足を踏み入れた人はその空間にときめいてしまうこと間違いなしです。 

CountrySide

CountrySide

通常であれば、狭そうだな…と感じてしまうような狭小住宅ですが、レンガの雰囲気を感じさせるタイル調の壁に、カントリーを感じさせる外観で仕上げられているため、非常に可愛く、狭さが気にならない、繋がりを感じさせる家々となっています。
4棟の連なりなのですが、それだけでひとつの街並みのように感じられます。まるで外国映画から飛び出してきたようなオシャレな空間に思わず足を止めてしまう人も多いでしょう。

内装も、余分な壁などを作らないことで広々とした空間となっており、白を基調とした明るい、落ち着いた雰囲気です。

 
首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】