首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】

関東エリアで人気のハウスメーカー「三栄建築設計」を大調査

三栄建築設計の口コミ評判徹底調査 » オンリーワンのマイホームを手に入れるために

オンリーワンのマイホームを手に入れるために

注文住宅と建売住宅についての費用や購入の流れについてお届けしています。ここでは、家を購入する際の上手な予算配分について詳しくお伝えしたいと思います。 

上手な予算配分とは?

注文住宅、建売住宅、どちらにせよ、家を購入するということは、人生においてとても大きなことです。

金額にしてもそうですが、マイホームを購入するのが夢という人も少なくないはずです。

しかし、現実を見れば、どうしても金銭的な問題が出てきます。理想的な家にしたくても、全てにお金をかけていればいくらあっても足りません。

家にお金をかけすぎて、土地の安い田舎にひっそりと家を建て、会社に行くのも大変…では元も子もありません。

それでは、理想的な家にするのは諦めなければいけないのか?と言えば、そういうわけでもありません。
予算内で理想的な家にするには、配分が非常に重要です。デザインに関しては、細かいところまではゆっくりと自分で変えていけばいいのです。

絶対に予算を削ってほしくないところをご紹介したいと思います。それは、屋根・地盤・基礎・外壁・床・水回りです。

つまり、三匹のこぶたのように、吹き飛んでしまうような家にしないためには、末っ子のこぶたのように家の枠組みにはコツコツと労力をかける必要があります。
つまり、お金をかけるのです。また、水回りもリフォームが大変で、後々違うタイプに変更しようと考えるとお金がかかってしまいますので、はじめから理想的なものを取り入れることをオススメします。

特にキッチンは女性にとってライフスタイルと言えるくらい重要な場所になりますので、自分好みの水回りにしておきましょう。

さらに、もう1点加えるなら、ドアも好みに合ったものを最初からこだわって選びましょう!

ドアは大きさなどの関係で、変えようと思っても難しかったり、壁から大規模リフォームを必要とすることになってしまう場合もあるからです。

逆に言えば、それ以外の部分は最初はごくシンプルでもいいのです。例えば壁紙。全て統一し、後々自分の好みで変えていってもいいのです。

ちなみに、管理人の住む町のご近所に、最近新築を建てた方がいたのですが、家は完成しているものの、家の周り(柵など)は土が丸見えの状態でした。
あれ?完成してるのしてないの?と思ったのですが、たまに通ると家主のご主人らしき方がひとりでコツコツ作業していました。
つまり、余計なお金をかけずに自分で作業することで切り詰めたわけです。そして、しばらくすると、柵や植木などがセンス良く綺麗に完成し、素晴らしい家となっていました。非常に賢い方だと感じたのを今でも覚えています。

お金をかけるべきところにはしっかりかけ、自分でできるところはゆっくり自分で作業して理想の形にしていくというのが、一番上手な予算配分なのです。

人それぞれお金をかけたいところは違うかとは思いますが、是非参考にしてみてくださいね!

 
首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】