首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】

関東エリアで人気のハウスメーカー「三栄建築設計」を大調査

購入までの流れを知ろう

注文住宅と建売住宅について、家を購入する際の流れをお届けしています。

注文住宅が完成するまでの流れとは?

注文住宅は、建売とは違い、全て一から自分で行わなければいけませんので、大変さはありますが、自分の理想の家を何もないところから作り上げられる楽しさも大きいと言えます。

流れとしては、やはり、どのような家にしたいのかというプランニングやどこに住むのかという点から始めることとなります。

1.土地や家の構想を練る・情報集め
まずは家族で話し合い、どこに住むのかというエリアを絞るとともに、どのような家にしたいのかを構想し、さらに情報を集めます。
このときに、だいたいの予算(漠然とでOK)を決めておくと、可能なエリアや土地の広さ、階数や間取り、どの程度までこだわれるのかを絞れるかと思います。
だいたいのエリアが決まった際は、そこに自分の予算にあった土地が存在するのか、また時間帯をズラして何度か通うことで環境を把握することが大切です。 

2.具体的な予算を決め、資金計画を深く掘り下げる
漠然とした予算編成から、具体的に掘り下げる必要があります。
家は一生のうちで一番大きな買い物と言えますから、「なんとかなるよね~」では済みません。
頭金を決めることはもちろんですが、今後どのように働き、どのくらい収入を得られるのか、また支出などはどう推移していくのかを予想し、ローンの金額や返済期間を算出することが欠かせません。 

3.土地を探すとともに工務店も探す
具体的にどこの土地にするのかを決めたら、必ず地盤調査を行い、問題がないかを確認します。そのうえで、契約を行います。
土地探しにも対応してくれるハウスメーカーもありますので、土地探しとメーカー探しは前後する場合があります。
自分で土地を探したい方は土地を決めてから工務店を決めることとなります。もちろん、数社に見積もりを出してもらい、対応の良さや具体的な見積もり内容で一社に絞ることをオススメします。 

4.契約と設計
工務店(ハウスメーカー)が決まったら、工事請負契約を結ぶとともに、設計を行っていきます。
どのような家にしたいのかという希望をしっかりと業者に伝えると、そういった条件に加えて敷地条件などを踏まえた基本設計図が作られます。満足できる内容になるまで、しっかりと話し合いましょう。

ここで、最終的な見積もりが決定します。当然ですが、アフターフォロー(工期遅れも含む)などについても徹底的に書面で確認します。
不明点があったら、明確になるまで話し合う必要があります。うやむやにしておくと後悔することになると自覚しておきましょう。 

5.ローン審査
各金融機関を回り、比較検討したうえでローンの審査を受けます。
だいたい、ここまでで最低でも3ヵ月かかると思っておいてください。設計などで何度も話し合う必要がある場合は、もっと長くなりますので、余裕をみておきましょう。

6.着工
いよいよ工事が始まります。基礎工事から始まり、内装工事まで3~4カ月ほどをかけて順に完成していきます。
その際、時間を見つけては足を運ぶことをおすすめします。できてから文句を言うよりも、ところどころを自分の目で確認し、疑問があった際はその場で解決するように心がけましょう。
ただし、見学に行くときはちょっとした差し入れを持って行くなどの心配りも大切です。業者の方に、「見られている」という緊迫感とともに「この人のためにより良いものを作ろう」と感じてもらえる努力が必要なのです。
完成後は、役所によるチェックと建て主・工事責任者・設計者立会いのチェックが行われます。

7.引き渡し
引き渡し後は、登記の手続きやローンの正式契約など、諸手続きがあります。また、引っ越しなどもあり、バタつくことになるかと思います。

引っ越しが完了し、新しい生活のスタートがきられても、工務店やハウスメーカーとの付き合いは終わりではありません。
実際に住んで初めて気になる不具合などを修理・メンテナンスしてもらうアフターサービスを利用することになります。長い付き合いのできる業者を選びましょう。

建売住宅を購入する場合の流れとは?

建売住宅の場合、すでに完成している物件なのか、着工途中なのかで若干の流れは変わりますが、基本的には同じような流れだと思って良いでしょう。

1.資金計画と物件探し
家を購入しようと考えているのであれば、だいたいの資金計画はできているかと思いますが、具体的に将来どの程度支払いができるのかを具体的に考えることで、いくらくらいの物件を購入できるのか算出します。
不動産業者に試算してもらうことも可能です。
そのうえで、物件を探します。家族と希望のエリアを絞り込み、自分たちの予算内の物件があるのかの情報を集めます。いくつかに絞ったら、自分たちの理想の家に近い一軒に絞り込みます。

2.購入の申し込み
購入する家を決めたら不動産業者に「購入申込書」を提出します。
一軒家の場合、申込証拠金は必要ない場合が多いようですが、稀に必要であることも。
その際には、売買しない際は全額返金する旨が受取書に明示されていることを確認しましょう。あくまでトラブルを避けるためとなります。(申込証拠金は手付金とは違います)

3.ローン
ローンが組めなければ、家を購入することを諦めなければなりません。事前審査を受けることで、ローンが組めるか確認します。

4.売買契約
契約を行う前には、宅地建物取引主任者より購入物件にまつわる様々な説明を受ける必要があります。
これは、非常に重要ですので、ひとつひとつしっかりと聞き、わからないこと、疑問に感じることはしっかりと確認しましょう。

説明内容が全くわからず、何を聞いていいものかさえわからないと困ります。
書類を事前に受け取れるかを不動産業者に確認し、受け取れるのであれば受け取り、読み込んでおくことをオススメします。
わからないことをわからないままにし、まぁいいやで契約してしまうと、後々自分が後悔することとなります。
ちなみに、最近では内覧会立会いや同行をしてくれる建築士の方などもいらっしゃいますので、そういったサービスを利用すると入居後のトラブルをより避けられるかと思います。

5.ローンの正式契約と引き渡し
ローンが正式に契約できれば、明日からコツコツと支払いをする日々が始まります。
それと同時に、新たな家の引き渡しが行われ、新生活のスタートともなります。 

ちなみに、工事途中の建売住宅出会った場合、売買契約後に建物が完成するかたちとなります。
その場合、最終的に建物が完成してから残りの代金を払うこととなります。完成もしていないのに代金を全て請求されることはまずありませんので、そういった行為には注意しましょう。 

この記事の関連のページ

 
首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】