首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】

関東エリアで人気のハウスメーカー「三栄建築設計」を大調査

耐震・耐久・安全性にすぐれた工法

 ここでは、三栄建築設計が安全性の高い物件を提供できるように採用しているサンファースト工法について調査してみました。

徹底してこだわった構造による強固さ

三栄建築設計の狭小住宅・3階建て住宅のこだわりをチェック

三栄建築設計が提供している住宅は、耐震性・耐久性に優れた「サンファースト工法」を取り入れています。

日本の住宅(一軒家)は、基本的に木造住宅ですよね。

一軒家はマンションより潰れやすくて心配、なんて言う人もいますが、実は木造は強さも軽さも抜群で、自由度の高い設計が可能という、住宅に広く採用されているだけの理由があるのです。

日本は高温多湿だと言われていますが、木は湿度を調整してくれる働きもあるので、非常に住み心地の良い空間となります。

しかし、やはり耐震性や耐久性といった、安全面で心配な部分もあります。そこを払しょくすべく、三栄建築設計では、永住できる住まいを実現するためにサンファースト工法を採用したのです。

簡単に言うと、サンファースト工法とは、木材の伸縮を最小限に抑え、高い耐震性と耐久性を兼ね備えた工法となります。
この工法には、特許金物「カワダ式羽子板ボルト」や集成柱の使用、剛床工法や床下全周換気システムの採用、シックハウス対策などがあり、三栄建築設計の強さ・未来・健康へのこだわりが表れているのです。

それでは、高機能で健康にも配慮した家づくりのこだわりを詳しく見ていきたいと思います。 

カワダ式羽子板ボルト

木造住宅は、乾燥や湿気などにより伸縮してしまうため、通常のボルトでは緩んで当然という状態でした。
特許金物「カワダ式羽子板ボルト」を使用することにより、スプリングの強力な締め付けによって、半永久的にゆるみやゆがみのでない建物を実現することに成功しました。

これにより、狭小地の3階建て物件でも安心して住み続けられる丈夫な安全性の高い家になっています。

集成柱

割れなどが少ない「集成材」を柱や梁に取り入れ、それを複数枚重ねて使用することで、ムク素材の1.5倍の強さを持った家になります。

剛床工法

大引きという木材を網の目状に置き、そのうえから24mmもの厚さの合板を乗せることで、ゆがみを起こしづらい耐久性の高い物件となり、さらにミシミシという床鳴りも抑制できます。

ホールダウン金物

柱と基礎をホールダウン金物でつなぎ合わせることで、耐震性をアップさせることができます。

外周部の構造板

一般的な柱・梁・筋交いでつくりあげる在来工法に2×4工法の良さを取り入れたもの。
外周の柱や梁などに構造板9mmを張り付けることで一体感がまし、まさに箱のような強度がでることで、地震や台風に強くなります。 

床下全周換気システム

従来の基礎工事では、湿気がたまりやすく、腐食の心配がありました。しかし、床下全周換気システムは硬質樹脂製のパッキンの採用により、高い換気効率が実現しました。

ベタ基礎工法

より強さを求めるために、スラブ一体基礎を採用することで、強度はますます高くなります。

外壁通気工法

壁の中に空気の通り道をつくることで風通しの良い状態を維持し、結露を防ぎます。

シックハウス対策

防蟻剤を使用することでシロアリを抑制。しかも、人体への安全も考慮し、体に優しいタイプを使用しています。

柱や内装建材、建具、クロス、接着剤の全て国産品とし、ホルムアルデヒド発散量のより安全なものを採用しています。

 
首都圏のハウスメーカーを徹底調査 【三栄建築設計編】